申込資格を確認 安定した収入はあるのか?
レイクに申込をするためには、安定した収入が必要です。この安定した収入という表現は、時として理解しづらいこともあります。というのは、何をもって安定した収入と呼ぶのかによって、申込資格を満たしているのか否かの判断が変わってくるからです。ここでは、安定した収入の定義について見てみましょう。
レイクの定める安定した収入とは、「毎月定期的に得ることのできる収入」のことを言います。この点を満たしていれば、どういう職種でも良いのです。正社員でも契約社員でも、雇用形態も問いません。また、安定した収入と言うと、会社に勤めて稼いだお金があることばかりイメージしますが、そうとも限りません。例えば、会社を定年退職して年金で暮らしている方でも、年齢などの条件で問題なければ、申し込むことができます。年金は毎月入ってくる収入なので、安定した収入とみなされるからです。また、会社員ではなく、自営業の方や、不動産収入などで暮らしている方でも大丈夫です。これらの収入も、毎月の収入と同じです。もちろん、メインのお仕事と副業のお仕事をかけもっている場合でも、安定した収入のある人の類に入ります。
安定した収入と言われると、会社に勤めている方以外は、諦めてしまいがちですが、身の周りをよく見てみると、安定した収入があることに気づきます。安定した収入とは、雇用形態ではなく、毎月収入が決まって入ってくるかどうかです。まずこの点を、きちんと認識することが大切です。
レイクの基本情報 スペックについて

 

レイクの基本情報として、まずはスペックについてお話します。世の中には金融商品が有り余るぐらいあります。少額融資用から高額融資用まで、様々な商品が取り扱われています。そんな中でも、レイクのキャッシングのスペックとしては、一体どれぐらいのものなのでしょうか。
レイクの強みは、少額の融資のみならず、高額の融資も得意とするところにあります。一般的に消費者金融で融資を受ける場合、借り入れをしても数万円とかになることがほとんどです。そのため、消費者金融の商品は、高額融資ができるほどスペックは高くないという印象があります。しかし、レイクの場合は違います。レイクでは、最高で500万円までの融資が可能なのです。もちろん、この最高金額で融資がOKになるためには、それ相応の審査に通らないといけません。申込者としても、審査の際のスコアリングにおいて、高得点をおさめる必要がありますが、金融会社レイクとしては、ここまで高スペックな商品を提供できるために、日々信頼を積み重ねていかないといけません。レイクは歴史を探ってみると、1964年の創業になりますが、創業から50年以上も営業しているのです。その間、合併など様々な出来事がありましたが、どんな状況でも顧客ニーズに応える努力をしてきたからこそ、今のスペックの高いレイクがあるのです。新生銀行のグループになってから、まだ歴史は浅いですが、今後も競争に勝てるだけの高スペックな価値を創り出していくことでしょう。